ANA VISA Suicaカード VS JALカードSuicaでわかる違いとは?

ANA VISA Suicaカード と同じく人気のカードが JALカードSuicaです。ANAとJALということで、航空会社が異なっているのですが、ANA VISA Suicaカード VS JALカードSuicaという感じで二つのカードを比較してみたいと思います。

 

まず、年会費についてですが、これはどちらも年に2100円ということで、同じになっています。ただANA VISA Suicaカード の場合は、利用方法によって、いくらか年会費を割引きすることができます。これはWEB明細書を利用することで割引されるのですが、うまく利用していきたいですね。

 

そして、ショッピングなどで利用する度に貯まるポイントについてですが、ANA VISA Suicaカード 、 JALカードSuica共に、ショッピングをすることで、ポイントを貯めることができます。

 

二つのカードで、それぞれポイントの種類が異なっているのですが、ANA VISA Suicaカード では、ワールドプレゼントポイントが貯まり、JALカードSuicaは、マイル、ビューサンクスポイントが貯まります。

 

そして、ANA VISA Suicaカード では、1000円につき1ポイントで、VS JALカードSuicaは、1000円で2ポイントとなっていて、同じようにショッピングをしていても、ポイントの貯まり方が違っています。他のサービスなども考えて、どちらが自分にいいのかよく見ていきたいですね。

 

加えて、 JALカードSuicaは、切符、定期、Suicaのチャージをした際には、1000円で6ポイント、200円で1マイルとなっているので、ANA VISA Suicaカード とは違いが見られます。

 

また、マイル移行についても両者では異なっています。ANA VISA Suicaカード では、1ポイントで5マイル、もしくは10マイルに移行でき、JALカードSuicaの場合は、600ポイントが500マイルに移行できます。

 

細かく見ていくと、やはりポイントやマイルについて異なる点があるのですが、自分の利用に合わせてどちらのカードが合うのかよく見ていくことが重要になります。